夫婦の証である結婚指輪とは?知っておきたい3つの事

結婚指輪とはどんな指輪?

結婚する時には色々な準備が必要となりますが、結婚指輪もそのうちの1つです。この結婚指輪とはどのような指輪なの?と疑問に思う人もいると思います。これは結婚式の時にお互いに交換する指輪であり、左手の薬指に身に着けるものです。映画などで男性が膝をついてプロポーズの際に送る指輪とはまた別のものになるのですよ。知らないと同じものだと思ってしまいますよね。2人がおそろいで身に着ける事によっての夫婦の証となるのです。

結婚指輪はなぜ左手なの?

結婚指輪は左手の薬指に身に着けるのが一般的ですよね。でもなぜ左手の薬指なの?と疑問に思う人も多いでしょう。実はこれは古くからずっと行われていた決まりなのですよ。古代ギリシャでは左手の薬指と心臓が繋がっていると考えられておりこの指に身に着けるようになったと言われているのですよ。昔からずっと伝わっていると聞くとロマンティックですよね。また利き手が右手の人が多いので左手であれば日常的に身に着けていても邪魔にならないですよね。

どんな指輪を選べばいいの?

結婚指輪を購入する時になると、あまりにも沢山の種類があるのでどれがいいのか悩んでしまう人も多いでしょう。好きなブランドやまた安くても思い出の指輪にしたり、自分達で作るという事もできます。一生身に着ける指輪なのでこだわりたいという人も多いでしょう。一般的に選ばれているのがシンプルであまり邪魔にならない指輪です。オフィスに身に着けて行ってもおかしくなく、また毎日身に着けるので重さがない指輪が良いでしょう。

素敵な結婚指輪を選ぶにあたり、親身になって相談に乗ってくれるスタッフにアドバイスをもらうことが良いといえます。